So-net無料ブログ作成

金子哲雄(流通ジャーナリスト)さん肺に悪性腫瘍(カルチノイド)で死去 [生活全般]

金子哲雄(カネコテツオ)さんは2日午前1時18分、肺に悪性腫瘍(カルチノイド)のため都内の自宅で死去されたそうです。

通夜10月4日18時 告別式5日10時より、東京都港区東麻布1-1-5、心光院にて行われます。喪主は奥様の金子稚子さんです。

千葉県で生まれ横浜で育ち、慶応大学文学部を卒業し、株式会社ジャパンエナジーに入社したが1年後のコンサルタントとして独立した。

その後 肩書きを「流通ジャーナリスト」として執筆・テレビ・ラジオ等に活躍されていました。

執筆活動やテレビ・ラジオ出演も多く、テレビ各局のバラエティ番組に出演して独特のしゃべり口で、

お茶の間の人たちをに、生活に役立つ情報や笑いを提供してくれた。

カルチノイドとは・・・

カルチノイド腫瘍は英語ではcarcinoidまたはcarcinoid tumorと表記され、まさに「癌もどき」(carcinoma-like)な病理組織像や生物学的振る舞い(浸潤や転移能)を示すことがある。

それゆえ良性腫瘍ではなく、境界悪性腫瘍(borderline malignancy)または転移が明らかな例では悪性腫瘍と同等の扱いとなる。

セロトニン、ブラジキニン、ヒスタミン、プロスタグランジン、カテコールアミンなどのホルモン様物質・神経伝達物質を産生する。

肺・気管支、胸腺、膵臓などのカルチノイドは副腎皮質刺激ホルモン、抗利尿ホルモン、ガストリンなどを分泌する。

診断のためには生検や切除材料の病理学的検査が必須で、腫瘍を構成する細胞の嗜銀性や好銀性を染色で確認したり、

神経内分泌顆粒の構成分子であるクロモグラニンAやシナプトフィジンを免疫組織化学的に染色し陽性像を確認することで診断が確定する。

(Wikipedia カルチノイドより)
ブログを作る(無料) powered by So-netブログ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。